知っててもなかなかできない潮干狩りのマル秘テク

ウワッすっごいキレイ

それに+も多いものを塗っているという人も少なく

読了までの目安時間:約 2分

 

それに+も多いものを塗っているという人も少なくないでしょう。
人の肌は屋外に出たときからすぐ日焼けが始まるわけではないのです。少しの個人差はあると言えますが、ほぼ15分~20分後から日に焼け始めます。
それからPAですが、PAはシワに加えてたるみのキッカケとなる紫外線A波をどの程度防げるかを示しているのです。効能はPAの+が1つ~4つまで四段階で表示されており、数が多くなるほど効能も大きいと言えます。
もし仮に長時間屋外で運動する、マリンスポーツを行うときは30以上の表示のものを使った方がよいでしょう。
なかにはSPF50以上の商品もお店で販売していますが、本当にこのような日焼け止めを使う必要があるのは、1日中屋外にいる場合だけでよいのです。
はじめにSPFというのはシミ及びそばかすの元となる紫外線B波を理由とした日焼けが始まってしまう時間を、一般的に始まる時間からどれだけ伸ばせるかを表しています。
つまりだいたい5時間後までの延期ができるということです。また、SPF30であれば約10時間後までということです。
ですので、犬の散歩、買い物へ行くといった普段の生活のみを考えればSPF15でも十分だと言えそうです。

 

Uncategorized   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

comment closed

TOPへ戻る