知っててもなかなかできない潮干狩りのマル秘テク

ウワッすっごいキレイ

一般の人は就寝中は尿量は少なくなります。それ

読了までの目安時間:約 2分

 

一般の人は就寝中は尿量は少なくなります。それは、脳の「下垂体」から「バソプレシン」と呼ばれる抗利尿ホルモンが夜間に多く放出され、尿を少なくするように浸透圧を統制しているからです。
抗利尿ホルモンの分泌が、年を取ると少なくなってしまうので、夜中でも何度もトイレのために目を覚まし睡眠のサイクルが崩壊し、眠れなくなるという研究結果が近頃証明され、脳科学界では注目されました。
そんなわけで、子供と同じように大人も翌日に疲労を残さないために睡眠は大切です。
しかしながら、歳を重ねるとベッドに入ってもすぐに眠れない眠りが浅い、夜中に起きてしまう、といった人が増加しています。成長ホルモンの分泌は二十歳を全盛としだんだんと減りますが、大供でも夜眠っている間には分泌されます。
大人の場合の成長ホルモンは、主に日中消耗した筋肉の修復など、疲労回復の役割を果たしています。
簡単に眠りに就くコツはお昼に、スポーツしたり、ウォーキングしたりと体を使っておくことです。ついでながらバソプレシンは、幼いころは夜でもそこまで作られないことがあります。

 

Uncategorized   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

comment closed

TOPへ戻る